デンソー 期間工 きつい

デンソー期間工の仕事はきついですか?

スポンサードリンク

デンソー期間工(期間従業員)の仕事はきついというイメージを持たれている人もいるかもしれません。

 

まず、私の経験から言わせていただくと、デンソー期間工の仕事は、あらゆる業種の中でも楽な方だと感じました。(※あくまでも期間工としての感想です。正社員の人は別の辛さがあるとは思います)

 

もちろん部署に配属されたばかりの頃は、仕事内容を覚えたり知らない人だらけの環境ということもあり、肉体的負担に加えて精神的にも辛いものは確かにあります。

 

しかしながら、日数が経つとともに仕事の辛さは自然となくなってきます。

 

仕事がきついという理由で職場を変えてもらったり、早期退職したデンソー期間工を私は見たことがありません。

 

スポンサードリンク

単に私が知らないだけかもしれませんが「仕事がきつい」といって辞める人は、デンソーではそれほど稀なケースだということです。

 

ちなみに私は、某車体メーカー工場のメタルラインで期間工として働いたことがありますが、ハッキリいって地獄のようにきつい毎日でした。

 

1ヶ月で6キロも体重が落ちてしまうほどの重労働です。

 

私は右ドアのスポット溶接を担当していたのですが、左側のドアを担当していた期間工は2〜3週間おきに雲隠れするほど。

 

私自身は何とか満期まで勤めることができましたが、いつ辞めてしまおうかと毎日のように考えていたくらいです。

 

そういった経験もあり、デンソー期間工として初めて働いたときは、仕事も辛くなく給料などの待遇もよいということもあって、まさに天国のような職場だと感じました。

 

ちなみにデンソーで知り合った秋田出身の期間工の人が「デンソーが辛いという人は、どこにいっても勤まらない」と言っていました。

 

それほど仕事が楽だというのです。

 

ちなみにこの人はデンソーの期間工として何年も働いており、これまでにも数多くのメーカーの工場を渡り歩いてきたそうです。

 

この言葉には私も同感します。

 

それと、私は元々サービス業出身ということもあったため、なおさらデンソーの工場で働くことが楽に思えたのかもしれません。

 

サービス業と違って、クレームやわがままを言ってくるお客さんを相手にしないでいいのです。

 

これだけでも幸せでした。機械を相手に毎日ルーチンワークを繰り返すという作業は、人によってはつまらない仕事のように思えるかもしれません。

 

しかし、私にはけっこう向いていたようです。

 

スポンサードリンク

デンソー期間工の仕事はきつい?関連ページ

配属先はどうやって決まる?
デンソー期間工の配属先について。配属先には、勤務態度や評価が関係してくることも。
腱鞘炎
デンソー期間工(期間従業員)が腱鞘炎になりにくい理由について。デンソー期間工の仕事で腱鞘炎になったときの対処など。
昼勤と夜勤
デンソー期間工(期間従業員)の昼勤の勤務時間や感想。 デンソー期間工の夜勤の勤務時間や体験談。
異動
デンソー期間工(期間従業員)の異動について。 デンソー期間工が異動するときの理由と経験談。
初日の過ごし方
デンソー期間工(期間従業員)の初日の過ごし方と前日までにチェックしておくこと。
服装(作業着)はどうなってる?
デンソー期間工(期間従業員)が仕事中に着る服装について。
仕事中は立ちっぱなしなの!?
デンソー期間工(期間従業員)はずっと立ちっぱなし!? 辛いのを和らげる対処法を公開!