デンソー期間工 イオン

西尾製作所のデンソー期間工はイオン岡崎で休日を満喫できる

スポンサードリンク

愛知県岡崎市にあるイオンモール岡崎。

 

ここは、デンソーの西尾製作所に赴任が決まった期間工が多く利用するスポットでもあります。

 

県外から初めて愛知県にやって来たというデンソー期間工(特に若年層)は、最初のうちは休日のたびに名古屋などの都市部に遊びに行ったりします。

 

何といっても日本の三大都市ですから、街中を歩くだけでも楽しいものです。

 

しかし、日が経つにつれて遠く離れた名古屋まで足を延ばすのを億劫に感じ、近場にあるイオンモール岡崎で用事を済ませるようになります。

 

ちょっとした買い物などはイオンでほとんどカバーできますし、休日に多くのお客さんで賑わう場所に紛れると、何となく休日をエンジョイした気持ちになれるから不思議なものです。

 

ちなみに私はイオンシネマに入り浸って、好きな映画を漫喫していた時期がありました。

 

岡崎にあるイオンモールは西武百貨店と繋がっており、けっこう大きめの建物なので、特に地方から来たデンソー期間工はちょっとばかり興奮を覚えるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

岡崎シビコによく出没していたデンソー期間工は私(笑)

イオンも行き過ぎると、さすがに飽きてしまうこともあります。

 

デンソー期間工だった私が、イオンに飽きたときにフラリと行っていたのが東岡崎駅周辺。

 

東岡崎駅周辺は、休日のたびに遊びに行きたくなるような街というわけではありません。

 

行くとしても岡崎シビコくらいでしょうか。

 

デンソー期間工らしき人物も、ほとんど見かけた記憶がありません。

 

西尾の寮から名鉄バスに揺られていると、走るバスの振動が妙に心地よく感じてしまうことがあります。

 

その心地よさにほだされ、「イオンにも飽きたし、今日は東岡崎まで行ってみるか…」という気持ちになり、当初の目的だったイオンでは下車しないということが多々ありました。

 

私にとって東岡崎とは、バスの振動にもう少し身を委ねたいから…というようなノリで、ついつい行ってしまうような場所だったのです。

 

スポンサードリンク

 

デンソー期間工とイオンの利用関連ページ

淋しいと感じたとき
デンソー期間工(期間従業員)になって淋しいと感じたときとは。
カニに心を奪われた…
デンソー期間工(期間従業員)になって初めて食べた「かに料理」。
「将来はない」というセリフ
デンソーで聞いた「期間工(期間従業員)に将来はない」というセリフ。「期間工に将来はない」という言葉の真意とは。
外こもり生活
外こもり生活を送るデンソー期間工(期間従業員)Eさんの話。
帰省するとき
デンソー期間工(期間従業員)が帰省するときの楽しみ方。