ローソンのバイト (佐倉宮ノ台一丁目店)の評判、体験談、口コミ、感想

スポンサードリンク

「ローソン 佐倉宮ノ台一丁目」でのバイトの体験談をお話しします。

 

短期の期間限定のバイトしかやったことがなかった私は、初めて長期を見据えたバイトに取り組もうとして近所のコンビニ、ローソンを選びました。

 

ローソンなら家から徒歩で通えるので、早朝や夜の時間帯に働く上で有利だと考えたからです。

 

交通費もかかりません。

 

さっそくローソンへ履歴書を持参して面接に挑むとその場であっさり採用が決まってびっくりしました。

 

普通は数日後に電話で合否を伝えられるものだと思っていたからです。

 

しかしその採用スピードの速さは裏を返せば人が足りていないということです。

 

次の日から私はコンビニの大変さを味わうことになります。

 

ローソンのアルバイトは、まず着いたら掃除します。

 

窓を外から拭き、トイレ掃除し、床にモックをかけます。

 

スポンサードリンク

 

しかし掃除中でも客が来ればいったん中止してレジへ向かいます。

 

フットワークが軽くない私にとってはこの臨機応変な働き方が大変難しかったです。

 

1つのことに集中しすぎる傾向があるので来客に気付かないこともありました。

 

また、ローソンはレジ打ちや品出しのほかにゆうぱっくや納税の対応など、業務内容が多岐にわたっています。

 

町の何でも便利屋さんと言えるでしょう。

 

業務内容がバラエティに富んでいるにも関わらず、マニュアルの書類はありませんでした。

 

このあたりはローソンの店舗によって異なるかもしれませんが、少なくとも私が働いた店舗はマニュアルは整備されていませんでした。

 

目で見て耳で聞いて体で覚えるが基本中の基本です。

 

体育会系みたいなかんじです。

 

目で書類を追って身に付けるほうが得意な私は先輩アルバイターさんの足を引っ張ってばかりでした。

 

次第に店長さんにも問題視されるようになりました。

 

その日のアルバイトが終わると私はいつも家のソファでぐったりしていました。

 

いつまでたっても業務に慣れない私は自分の能力の限界を感じ、3か月の勤務で逃げるようにやめました。

 

接客が好きとかフットワークが軽い方にはコンビニは良いアルバイトだと思います。

 

息を吸って吐くように早く上手に身につく方は普通にいるでしょう。

 

少なくとも私には向いてなかったです。

 

皆さんもアルバイトを選ぶときは自分の適性を考慮した上で選びましょう。

 

スポンサードリンク